キャンセル

スパム / 宣言目的迷惑行為不適切または攻撃的な内容を含んでいる

POSTを削除してもよろしいですか?

POSTを削除すると元に戻すことは出来ません。


キャンセル


2 Post

最低賃金引き上げも、巨人アマゾンへの影響は軽微 年末商戦を控え、労働力獲得競争で有利な立場に | JBpress(日本ビジネスプレス)

jbpress.ismedia.jp
2018/10/05

アマゾンは、最低時給を11月1日から15ドル(約1700円)に引き上げる。この恩恵を受けるのは25万人以上の従業員。また、年末商戦時に臨時雇用する10万人以上にも、新たな最低時給を適用する。派遣…

Nobuyuki Kunisada
アメリカで労働者獲得競争が激化しています。
物流の巨人、アマゾンでは記事にある通り、労働者の最低賃金を17ドル(約2000円)に値上げしたそうです。
これは一般的なアメリカ企業の30%増しとなりますので、いかにアマゾンが莫大な利益を上げているかがわかりますね。

現在のアメリカの失業率は3.9%前後で、ここ20年では最も低水準となっています。
契機の拡大も8年連続となっており、日本経済が好調な原因にアメリカ経済からの好影響があることは間違いないでしょう。

一般的にはアメリカの景気の波は5年波長と言われています。
その考え方からすると現在の8年以上の好景気というのは、好調の5年の後ろがまた好調の5年だったと捉えるのでしょうか。
5年波長理論から行けば向こう2年間は好景気が継続するということになりますが、これはアメリカの現実に即しているのでしょうか。
少なくともアマゾンの経営陣はアメリカの景気が大幅な危機に直面するとは思っていないのでしょう。
景気後退に直面した状況ではコストカットの為に人件費を抑制するのが一般的なアメリカの経営者の考え方だからです。
アマゾン経営陣の考え方が違うだけかもしれませんが、この賃上げからはアメリカの景況感がまだまだ良いということが現れているように思えますね。
2018/10/05
Nobuyuki Kunisada
アメリカで労働者獲得競争が激化しています。
物流の巨人、アマゾンでは記事にある通り、労働者の最低賃金を17ドル(約2000円)に値上げしたそうです。
これは一般的なアメリカ企業の30%増しとなりますので、いかにアマゾンが莫大な利益を上げているかがわかりますね。

現在のアメリカの失業率は3.9%前後で、ここ20年では最も低水準となっています。
契機の拡大も8年連続となっており、日本経済が好調な原因にアメリカ経済からの好影響があることは間違いないでしょう。

一般的にはアメリカの景気の波は5年波長と言われています。
その考え方からすると現在の8年以上の好景気というのは、好調の5年の後ろがまた好調の5年だったと捉えるのでしょうか。
5年波長理論から行けば向こう2年間は好景気が継続するということになりますが、これはアメリカの現実に即しているのでしょうか。
少なくともアマゾンの経営陣はアメリカの景気が大幅な危機に直面するとは思っていないのでしょう。
景気後退に直面した状況ではコストカットの為に人件費を抑制するのが一般的なアメリカの経営者の考え方だからです。
アマゾン経営陣の考え方が違うだけかもしれませんが、この賃上げからはアメリカの景況感がまだまだ良いということが現れているように思えますね。
2018/10/05

関連記事

関連タグ